肩こりについて

 皆さんは、肩こりと聞いて、まず思い浮かぶ原因として姿勢を挙げられるのではないでしょうか。
もちろん、姿勢が悪いと頸椎が圧迫され肩こりになります。しかし、肩こりは姿勢だけでなく、ストレスや内臓疾患、つまり内臓の疲れからくることもあるのです。
今回は最近増え続けている内臓の疲れからくる肩こりについてみていきたいと思います。
まず、肩こりと言ってもその原因は肩だけではないことを知っておかなくてはいけません。実はそのほとんどの原因は肩以外の部位に原因があり、それが症状として肩に出たにすぎないのです。今回お話する、内臓疾患からくる肩こりの原因の一つに現代人の食生活が挙げられます。
特に精神的ストレスからの食べ過ぎが肩こりと深く関係があります。食べ過ぎると胃が重くなり、体の奥の方から筋肉や神経を引っ張るので肩こりになります。
人間は精神的にさみしいなど、精神的に満たされていない時、すなわちストレスがかかっている時などに物をたくさん食べる傾向があるようです。食べ過ぎが長く続くと肩こりといった症状だけでなく他の病気に繋がりやすくなってしまうことも知っておきましょう。
内臓の疲れによる肩こりのもう一つの原因に夜遅い時間や寝る前に食べる食事が挙げられます。朝昼晩と働いてきた胃腸にとっての寝る前の食事は負担にしかならないので、できるだけ避けるようにしましょう。なぜなら、本来胃腸が休まるはずの時間に物が入ってくるわけですから、寝ている間も消化、分解、吸収するために内臓は休む間も無く働きつづけることになるからです。そうすると、しっかり睡眠時間をとったつもりでも前の日の疲れが抜けず、肩こりや体がだるいなどの疲れが蓄積しやすい体になってしまうのです。
このように食生活と肩こりは一見関係がないように思われますが、実はとても密接な関係があります。なので、肩が痛いからといって、肩だけに磁気ネックレスをしたりしてもこういった食生活が原因の肩こりはなかなか治りにくいのです。
こういった肩こりを解消する方法としてマッサージが有効です。なぜなら全身に走るツボはすべて内臓と繋がっているため、そのツボを刺激していくマッサージはとても効果があるのです。そして、マッサージと並行して、内臓の調子を整えるようにすると根本的な解決になります。そのためには、食べ過ぎないこと、就寝前の食事は避けること、冷たい飲み物よりは暖かい飲み物をとるようにし、体を冷やさないことが大切です。

2013年の花粉症対策について

 2013年の花粉症対策について

今日のニュースで「今年の花粉症は3重苦!」という報道をしていました。
今、盛んにPM2.5の危険性が叫ばれていますが、花粉にこのPM2.5が付着することによって、花粉の症状を発症しやすくさせてしまうんだとか。
さらに、これも中国から飛来していると言われる黄砂の影響も加わって、3重苦ということです。

今年は、今まで以上に注意しなければいけない年ということで、スタッフのI君が花粉症について書いてくれたので掲載しておきます。

-------------------

花粉症ってほんと辛いですよね。

花粉症の代表的なものとしては、スギや、ヒノキがあります。それ以外にも様々な花粉が飛んでいます。花粉はほぼ一年中飛んでいるのですよ。
 1月〜3月ハンノキ 2月〜4月スギ 4月〜5月ヒノキ・サクラ イチョウ スズメノテッポウ 5月〜7月カボチャ オオアワガエリ 7月〜8月ヒメガマ・ガマ イネ 8月〜10月ブタクサ・オオフダクサ ヨモギ
9月〜10月カナムグラ 10月〜11月セイタアキノキリンって感じです。
 症状としては、うがい、手洗い、家に入る前に洋服の花粉を落とす。マスクをする。薬を飲む。など様々な対策をしていると思いますが、これ以外にもツボ・マッサージなどもあるんですよ。

 花粉症に効果的な代表的なツボをご紹介します。涙が出るときは睛明と攅竹、鼻がムズムズするときは迎香と鼻通、目鼻や喉の痛みには合谷、頭痛には風池がそれぞれ対応するツボです。
睛明(せいめい) 目頭(目の内側)と鼻の付け根の骨との間に位置します。
攅竹(さんちく) 左右の眉毛の、それぞれ最も内側に位置します。
鼻通(びつう) 小鼻の上(目頭の斜め下)。鼻の花粉症にオススメ!
風池(ふうち) 髪の生え際のところ。耳の後ろの骨の近くのくぼんだところ
合谷(ごうこく) 手の甲の親指と人差し指の間

 また花粉症には、リンパの流れも大きく関係します。
リンパとは、疲労物質、老廃物質など、簡単にいったら体に必要でないものを流す働きがあります。
 花粉症の人は肩こりの人が多いようです。首・肩・背中が硬いと血行やリンパの流れが悪くなり、花粉症のさまざま症状が強くなるようです。
体が硬い人、肩こりなどの方などは、リンパの流れを良くするマッサージがすごく効果的で、体が楽になります。
 皆様の花粉症が少しでも良くなることを願っています。

| 1/1PAGES |